熊本の、色々な日本一を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

熊本県は、名水百選の数がなんと4つもある水源日本一です。

 

名水百選とは、1985年に環境省が選定した全国各地の「名水」とされる100か所の湧水・河川(用水)・地下水である。

 

熊本の最大の魅力のひとつ!水が奇麗。水が美味しい。全国屈指の地下水の宝庫と言っても過言ではないと思います。

 

 

白川水源(しらかわすいげん)熊本県阿蘇郡南阿蘇村の旧白水村にある湧水である。「白川吉見神社」境内から年間を通じて14℃、60t/分トンの水が湧き出ており1985年(昭和60年)名水百選に選定された

 

 


轟水源(とどろきすいげん)熊本県宇土市宮庄町にある公園で、園内に湧水する泉は1985年に名水百選に選定されている。

地下水脈の成因は不明であるが、古来から3,000t/日の水量の湧水がある。

 


池山水源(いけやますいげん)熊本県阿蘇郡産山村大字田尻14-1にある湧水である。通年13.5℃の水温を保ち、30t/分の豊富な中間硬水の地下水である。産山村の村おこしとして販売も行われている。

 


 

菊池水源(きくちすいげん)一帯は阿蘇外輪山を取り囲むモミ、ツガ、ケヤキなど広葉樹の原生林に覆われている。「渓谷美の極致」と言われた状態で残っており、阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区、菊池水源として名水100選に選定されている。

 

 

 

 

 

 


中央町にある石段は合計で3333段あり、「日本一長い石段」

 

石段は着工から10年かけて、1987年に完成!標高差は約600メートルで、全長は約3キロほど。

 

天気のよい日、石段の頂上付近から遠く不知火海が見渡せるそうです。

 

頂上まで約90分。
休憩所10ヶ所、トイレ4ヶ所(スタート地点、200、900、1,700段目)

 

 

 

 

 

 


熊本県は、車エビ養殖生産日本一です。

 

明治38年に熊本県天草諸島の維和島で、海水池を利用した天然稚エビの蓄養が開始され、天草地方はクルマエビ蓄養の本場に!

 

 

 

 

 

 

 


献血率日本一の県はなんと熊本県だそうです。

 

献血率とは、一年間の献血者数を総人口で割ったもので、熊本県は2001年と2002年以外のここ22年間連続で、日本一として輝き続けているそうです。

 

熊本県民は、ボランティア意識が高い=困った人を放ってはおけない?義理人情が強い県民性なのかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 


熊本県は、石橋の数が日本一です。

 

大きい橋から小さい橋まで約270基の石橋があり、全国1位の数を誇っています。これらの石橋は今も、地域の人々の暮らしを支える重要な橋となって現役で活躍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 


熊本県はデコポンの生産量が日本一です。

 

日持ちも良く、糖度が高く、食味にも優れる事から市場や消費者の支持を得た。


1991年より不知火の中で糖度13度以上のものを選択して「デコポン」の名称で商品化・出荷が開始された。

 

 

 

 

 

 

 

 


熊本県は、畳の原料のイグサの生産量、日本一です。

 

イグサの日本における主な産地は熊本県八代地方であり、国産畳表の8~9割のシェアを誇り、また歴史的文化財の再生にも使用される高級品を出荷する。

 

 

 

 

 

 

 

 


熊本県のゆるキャラ、くまモンは日本一です。

 

  • 名前:くまモン
    • 名前は「熊本者(くまもともん)」から来ている。熊本弁では○○(人)を○○もんと発音する。
  • 生誕地:熊本県
  • 誕生日:3月12日
  • 性別:男の子
  • 年齢:不明
  • 性格:好奇心旺盛でやんちゃ好き
  • 趣味:くまモン体操
  • 体型:メタボ
    • 初登場から数か月間は痩せていたが、熊本の美味しいものを食べ過ぎて、現在の太った体型になった。
  • 職業:公務員
    • 2011年9月29日までは熊本県臨時職員、2011年9月30日より熊本県営業部長


熊本に来てはいよ制作YouTube

 

 

 

 

 

 

 


熊本県は馬肉の生産量が日本一です。

 

熊本県は、たくさんの馬肉料理屋があります。焼肉屋のメニューにも馬肉があるのも当たり前で馬刺しや馬肉寿司もあちこちのお店で供されています。

 

熊本に根付いた理由〜食料が底をついた加藤清正軍がやむを得ず軍馬を食したのに始まり、帰国後、清正が領地である熊本に広めたという説があります。

 

 

 

 

 

 

 


熊本県のトマト生産料は日本一です。

 

熊本県はトマトの生産量日本一を誇り、全国シェアのおよそ12%を占めております。

2013年度 熊本県のトマト収穫量は、93100tで2位の茨城県の50000tの倍近くを収穫しています。